ダーツ処理作図方法とは

ダーツ処理作図法
ダーツ処理作図方法とは
新規のデザインの製図を作成するにあたって、数値化できる立体を表すダーツとユルミを組み合わせ、
そのダーツとユルミを絵型に対応して処理することによって、新規のさまざまなデザインの製図が、
個々の感性のもとに自由自在に描くことが出来る作図方法をいいます。
初出版本 『ダーツ処理作図入門』 林 喜伊子著を参照
新規のデザインの製図を作成するにあたって、数値化できる立体を表すダーツとユルミを組み合わせ、そのダーツとユルミを絵型に対応して処理することによって、新規のさまざまなデザインの製図が、個々の感性のもとに自由自在に描くことが出来る作図方法をいいます。
初出版本 『ダーツ処理作図入門』 林 喜伊子著
ダーツ処理作図方法

ダーツ処理入門&370×410

ダーツ処理作図方法のメリット
新規のデザインの型紙を作成する作業工程は、従来の各教育機関(服飾専門学校)で使用されている
原型の『洋裁製図作図方法』の作業工程と、標準立体式原型の『ダーツ処理作図方法』を使っての
作業工程の違いは、従来の作業工程にかかる所要時間から、全体の1/3に短縮していることにあります。
その要因は、従来の洋裁製図では、デザインの基の製図(原図)を、
アパレルCADで数値化することが出来ないことにあります。
『ダーツ処理作図方法』の理論は、基の製図(原図)を
アパレルCADで三角関数において数値化することが出来ます。
その結果、あとにつづく作業工程を大幅に短縮することができます。
このことは特許第3062622号として認証されています。
新規のデザインの型紙を作成する作業工程は、従来の各教育機関(服飾専門学校)で使用されている原型の『洋裁製図作図方法』の作業工程と、標準立体式原型の『ダーツ処理作図方法』を使っての作業工程の違いは、従来の作業工程にかかる所要時間から、全体の1/3に短縮していることにあります。
その要因は、従来の洋裁製図では、デザインの基の製図(原図)を、アパレルCADで数値化することが出来ないことにあります。
『ダーツ処理作図方法』の理論は、基の製図(原図)をアパレルCADで三角関数において数値化することが出来ます。
その結果、あとにつづく作業工程を大幅に短縮することができます。このことは特許第3062622号として認証されています。